読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

citypeach

桃花台とその周辺の「まちづくり」について考える

全国の図書館で「雑誌スポンサー制度」が広がっている

www.asahi.com

全国の公立図書館で最近、「雑誌スポンサー」という制度が広がっているようです。

「雑誌スポンサー」とは、図書館の購入する雑誌の購入費を企業やNPOに負担してもらい、雑誌カバーにそのNPOや企業の広告を掲載するもの。図書館側は雑誌の購入費を抑制でき、NPOや地元企業にとっては図書館という人目に付きやす場所に格安で広告を掲載できるというメリットがあるため、近年多くの公立図書館で導入が進んでいるとのことです。

 

近隣自治体でも、春日井市では雑誌スポンサー制度をすでに導入しているそう。

www.kasugai-lib.jp

 

雑誌スポンサー制度によって浮いた額は新たな雑誌の購入に充てられるなどして、図書館資料の充実につながるといった効果もあるんだとか。

また、地域に密着した企業やNPOなどの広告が掲出されることで、地域ブランドの強化にもつながるといった効果も考えられますね。

小牧市では雑誌スポンサー制度はまだ導入されていないそうですが、今後図書館の建替えも控えていることですので、図書館機能のより一層の充実を目指す取り組みの一つとして、雑誌スポンサー制度を取り入れることも有意義なのではないかと思いました。