読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

citypeach

桃花台とその周辺の「まちづくり」について考える

今後の新図書館計画のポイントと、新たな新図書館計画への提言

10月4日に行われた住民投票の結果、現在の新図書館建設計画に反対する票が多数となったことを受け、小牧市は20日、これまで検討していたCCC・TRC共同事業体による新図書館建設計画(いわゆる「TSUTAYA図書館」計画)を事実上白紙撤回する方針としました。 計…

旧桃花台線インフラ跡地活用案② 『旧小牧駅を小牧都市センターとして再利用する提言』

旧桃花台線のインフラを撤去した後に生じる跡地の活用について考える記事、第二弾。 今回は旧小牧駅について考えていきたいと思います。 旧桃花台線小牧駅の駅舎は、名鉄小牧駅と名鉄小牧ホテルの東側に隣接しており、名鉄小牧駅東口や駅ビルとなっている名…

新たな「新図書館建設計画」に向けて

10月4日、小牧市議会議員選挙に併せて行われた新図書館計画に関する住民投票が即日開票され、現在の新図書館建設計画に反対する票が賛成票を上回りました。 この結果、今後市は新図書館建設計画の大幅な見直しを迫られることになると思われます。 今後の新図…

小牧市 「TSUTAYA図書館」をめぐり住民投票実施へ

9月10日、小牧市議会で新図書館建設計画を白紙に戻すことについて住民の是非を問う住民投票条例案が可決されました。 これに伴い、10月4日の市議会議員選挙と同時に新図書館建設計画に関する住民投票が行われることとなりました。 この動きに関して、少しや…

旧桃花台線インフラ跡地活用案 『国道155号線に中央走行バスレーンを整備する提言』

先日、愛知県が小牧市に対して、旧桃花台線「ピーチライナー」のインフラを全面撤去する方針であることを伝えたとの報道がなされました。 廃止からまもなく9年がたちますが、その間ほとんど姿を変えることなく放置されてきた旧桃花台線のインフラは、ようや…

ラピオの安定性・持続性と、中心市街地活性化のあり方

建通新聞によると、小牧駅前の再開発ビル「ラピオ」にテナント募集の動きがあったようです。 小牧駅前再開発ビル 4階にテナント募集|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社www.kentsu.co.jp どうやら、ラピオ4階のファニチャードー…

小牧市「TSUTAYA図書館」 パブリックコメント開始へ

小牧市では現在、手狭となり老朽化も進んでいる市立図書館を移転し、小牧駅西側に新たな図書館を建設する計画を進めています。 新図書館の建設|小牧市 この新図書館の設計について市民から広く意見を募るためのパブリックコメントが、8月17日から開始されま…

旧桃花台線、全線撤去へ

愛知県は小牧市に対して、旧桃花台線を全線で撤去する方針を伝えたそうです。 県建設部 桃花台線全線撤去へ|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社www.kentsu.co.jp 業界紙なので会員でない限り記事は読めませんが、建通新聞ではこ…